お知らせNEWS

2021.11.21

準決勝進出組発表!M-1決勝までの狭き門

こんにちは!まさきです。

 

先週木曜日、M-1グランプリ2021準決勝に駒を進めた25組が発表されました。

 

 

▼M-1グランプリ2021公式サイト

m-1gp.com

 

今大会の総エントリー数は、史上最多の6017組。昨年の5081組を大きく上回るエントリー数となっています。

その数多の漫才師たちとの激闘を制した25組ということで、非常に期待の持てるメンツではないでしょうか。

 

過去に決勝進出経験のあるミキすゑひろがりずアキナウエストランドカミナリといったメンツがこの時点で敗退しており、また、個人的に応援していた実力派漫才師・令和喜多みな実もここでドロップアウトしているため、改めてM-1決勝までの道のりが険しいかということがよく分かります。

 

大会創設者である島田紳助さんがかつてM-1は競技漫才であるため、寄席の漫才では絶対に勝てないとコメントされている通り、普通の劇場型(寄席型)漫才で腕を磨いている漫才師たちも、M-1用にネタを仕込まないと勝ち進めないという奥深さや厳しさがあります。

 

準決勝に勝ち進んだ25組の中には、見取り図オズワルド錦鯉といった決勝経験組が残っており、また今年のキングオブコントで準優勝を果たした男性ブランコ、更にはハライチアルコ&ピースといった結成15年目の「ラストイヤー組」が残っているため、大混戦が予想されます。

 

個人的には、昨年3位の見取り図、そして今年行われた朝日放送主催「ABCお笑いグランプリ」で優勝を果たしたオズワルドはほぼ決勝進出確定かと思われますが、こればかりは準決勝当日のネタ次第なので、何とも言えません。

 

また、ここ数年準決勝まで勝ち進んでいるものの、あと一歩で決勝への切符まで届かなかった金属バットの危なっかしいネタも決勝で見てみたい気もしますし、毒舌男女コンビのゆにばーす、不思議な空気感に思わず引き込まれるキュウのネタもぜひ決勝で見たい…。今からワクワクが止まりません!

 

準決勝は12月2日に行われます。同日には全国の映画館で準決勝のライブビューイングが行われるため、興味のある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

また、3回戦まで出場した全漫才師のネタ動画がYouTubeのM-1公式チャンネルにて公開されているため、こちらも興味のある方はチェックしてみてください。

 

▼M-1グランプリ公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/m1grandprix

 

本音を言うと各コンビの分析まで落とし込みたいのですが、それだとブログの記事がいくつあっても足りないため、またの機会にさせていただきます…。笑

 

 

以上、お笑いフリークのまさきでした!

 

 

ログインまたは新規会員登録してください。