お知らせNEWS

2021.11.9

世界のUMA 「ビッグフット」

 

世界には様々なUMAが存在するといわれています。今回はアメリカ合衆国のUMA「ビッグフット」を紹介します。
ビッグフットは大型の類人、その身長は目撃情報によって幅がかなり差がありますが(2m~6m)その差は個体差というより目撃者の主観が影響すると考えればそれほどには差がないでしょう。(もちろん実在するとすればですが)
ビッグフットはネイティブアメリカンの伝承の中にも存在し、サスカッチと言われています。白人による目撃情報は西部大開拓時代以降増えており、目撃情報のみならず動画映像も撮影されています。もっとも映像に登場するビッグフットは歩き方が人間を思わせたり、こちらのほうを振り向いてみても特に反応がなかったりとなかなか怪しい感じがします。この映像はフェイクであるといわれているのも当然でしょう。(のちにビッグフットの着ぐるみに入った人がフェイクフィルムであると証言しています)
ビッグフットはUMAなのかはわかりませんが、地球上に存在する生物全体の中で存在が確認されたものは少数派なのですから、何らかのUMAが存在していてもおかしくはありません。

ログインまたは新規会員登録してください。