お知らせNEWS

2021.09.19

不惑でマンガ家デビューした「モトカズ」氏について

新豊玉三郎です。みなさんは「モトカズ」と言うマンガ家の方をご存知でしょうか? モトカズ氏は36歳の時に我が子のためアニメを借りようとレンタル屋に行き、偶然、いわゆる「深夜アニメ」を見つけ「自分のため」に借りて観たところハマり、翌年にはアニメのファンアートイラストを描きはじめ、43歳になった2020年、マンガ家デビューしました。

 

40代で雑誌デビューしたマンガ家は、水木しげるや『ナニワ金融道』の青木雄二(どちらも故人)が有名ですが、水木は雑誌以前に紙芝居や貸本劇画を描き、青木も20代の頃に新人賞を獲った経験があったのに対し、モトカズ氏は30代になって一から(マンガ系の)絵を描くようになったのが異色ではあります。現代はネットで作品を発表出来たり、年齢に関係なく描き続ける事が出来る時代とは言え……。いや、絵やマンガを描く事に限らず「新しい事」をはじめるチャンスが、私が気づいてないだけで、いくらでもある時代になったのかも知れません。サブカルBCでも「新しい事」をはじめるために、いろいろ活動している利用者がいます。それは前述のように絵やマンガに限りませんが、私にも大いに刺激になっております。

 

画像は、40代の「不惑(ふわく)」と、50代の「知命(ちめい)」の狭間の年齢がこたえてる、私こと新豊玉三郎の姿です。

 

ログインまたは新規会員登録してください。