お知らせNEWS

2021.09.12

長谷川町子の脅威!

新豊玉三郎です。最近『サザエさん』の原作を読み返して気づいたのですが、ほとんどの作品のコマに登場人物の全身が描き入れられているんですよね。4コママンガは原稿用紙1ページを4等分ないし8等分して作画するから、場合によっては絵がすごく細かくなってしまいます。長谷川町子が生前どのようなサイズの原稿用紙を使って描いていたかまでは分かりませんが、相当苦心して描いていたのではないでしょうか?

 

私も4コママンガを描きますが、登場人物の頭身によっては「顔マンガ」になってしまいます。反省する事しきりですが、対策はまだ思いつきません。お恥ずかしい限りです。マンガ家としての長谷川町子の凄みは、自分でマンガを描いてみてはじめて分かった事が他にもありますが、それを語りつくすわけにもいきません。ただ、全身を描き入れている事に限らず、意外とものを見ているようで見ていなかったのに気づかされたとは書いておきます。

 

余談ですが、アニメのサザエさん一家は「年を取らない」事を揶揄されがちですけど、原作ではそれを逆手に取るかのように「年を取ったサザエさん一家」を描く事が少なくありませんでした。

ログインまたは新規会員登録してください。