お知らせNEWS

2021.08.30

クローバーさんの詩集18

      声と足音

見えない私は声と足音で誰かを判断することができる

この人は声が高いからAさん

この人は声が低いからBさん

この人は少し鼻にかかる声だからCさん

と言うふうに認識している

でもDさんとEさんの声が似ていて
間違えてEさんなのに
Dさんと呼んでしまうこともある

やっぱり顔が見えないのは辛い

足音はこれは少し重たい足音だからAさん

この人は少し軽い足音だからBさん

これは下駄のような音だからCさん

のように判断している

ただし床が絨毯だった場合は
音が聞こえにくいので
足音での認識は難しい

やっぱり声と足音だけでの
判断には限界があるようだ

引用画像:写真AC オぃちゃんさん 作品名『通勤する人々』

ログインまたは新規会員登録してください。