お知らせNEWS

2021.07.28

夏アニメ『転生したらスライムだった件 第2期』第40話(第2期 第16話)「会議は踊る」あらすじ・場面カット公開!

担当のP.N.です。 今回は、「夏アニメ『転生したらスライムだった件 第2期』第40話(第2期 第16話)「会議は踊る」あらすじ・場面カット公開!」という記事が気になったので載せました。

記事↓

https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1627130524 (記事引用)

「転生したらスライムだった件」(略「転スラ」)2021年1月より9ヶ月連続放送中で、今は第2期2部の16話目。 第2期1部(2021年1月12日~3月30日)から始まり、「転スラ」キャラクターたちの日常を描いた「転スラ日記」(2021年4月6日~6月22日)、第2期1部の続編第2期2部(2021年7月6日~)と、 「転スラ」シリーズ9ヶ月連続放送されています。

ちなみに、「転生したらスライムだった件」とは、 通り魔に刺されて死んだサラリーマンの「三上悟(みかみさとる)」は、異世界の洞窟でスライムとして転生。その後洞窟内で竜(この世に4体のみ存在する竜種の一体)と出会い仲良くなったスライムは「リムル」と名付けられる。

「リムル」と名付けられたスライムは、ドラゴン、ゴブリン、ドワーフ、オーガ、人間、悪魔など多種多様な種族と出会い、この世界のあり方を知っていく。

そして、時にユーモラス、時にシリアスに展開する物語の先に待つのは、魔王の存在。 一匹のスライムが身につけたスキルを駆使し、知恵と度胸で仲間を増やしていく。転生エンターテインメント。

と、まあ、こんな感じです。

主人公の「リムル」は、洞窟付近の大森林で出会った多種多様な種族と協力し魔物の国「ジュラ・テンペスト連邦国」を建国し国の盟主となったり、 殺された自国民達の敵(2万人の兵隊)を一瞬で殲滅させ魔王に進化したりと、どこへ行く「リムル」よってな具合です。

その他に、この世界には色々な習慣?があるようで、

習慣その一、「力の強い者が力の弱い者に名付けをした場合名付けされた者は進化する」

竜に名付けされた「リムル」は竜並みの力を持ち、竜並の力を持った「リムル」は出会った者達全員に名付けをし精強な者達へと進化させている(特にゴブリンの進化は笑撃でした)

なので、「ジュラ・テンペスト連邦国」の国民達はそんなんありかってぐらいの精強な者達ばかり揃っている(しかもどれもこれもクセのある変わり者ばかり)

習慣その二、「現代人召喚」

この世界にある国々は「魔物へ対抗するための兵器」として現代人を召喚させるてな事をやっているみたい。

召喚された者は「召喚者」と呼ばれ、「召喚主」(召喚者を召喚した者)に逆らえない呪いがある。それに、時折子供達も召喚されるみたいで召喚された子供達は5年ももたずに死亡するってのがある。

どのみち、とても嫌な習慣ではあるな(とある子供達は「リムル」の助力によって5年死亡から助かるが)

ちなみに、「召喚」以外にも、「リムル」みたいな「転生」、こちらの世界へ迷い込んで来た「来訪」、ってのがある。

「召喚者」と「来訪者」をひとまとめにして「異世界人」と呼ばれている。

この他にも色々な習慣、愉快で楽しいストーリー、クセのある変わり者ばかりですが、それは見てのお楽しみ。

余談ですが、魔王進化の為に行った「リムル」の敵殲滅行為は挿入歌「黎明」と相まって感動しました(第2部の第10話より)

(写真AC画像引用)

ログインまたは新規会員登録してください。