お電話はこちら

お知らせNEWS

2021.05.21

「ヨーグルト」のこと

さて突然ですが問題です。
カスピ海で有名なものとはいったいなんでしょう?
そう今回は「ヨーグルト」の話をしたいとおもいます。

そもそもヨーグルトとは――
乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のひとつ。


有名な発酵食品ですね。
スーパーとかでもたくさん種類があります。
ちなみに日本では明治20年頃に整腸剤として販売され、食品としては1912年に「ケフィール」として販売されたそうです。
そしてなんと「ヨーグルト」という名称で販売を始めたのは

広島のチチヤス乳業だそうですよ。
ただし販売してからかなり経ってからようやく一般に普及したそうです。

ヨーグルトにはいくつか種類があるそうで、
プレーンヨーグルト
ハードヨーグルト
ソフトヨーグルト
フローズンヨーグルト
ドリンクヨーグルト
パウダーヨーグルト
動物乳を主原料としないヨーグルト
これらの種類があるそうです。(Wikipediaより引用)
私たちがよく知っているのは多分、
プレーンヨーグルトやソフトヨーグルト、ドリンクヨーグルトですね。
プレーンヨーグルトはそのままご存知ちょっと固いヨーグルトです。
ソフトヨーグルトはよく小分けにされて果肉とか入ってるやつですね。
ドリンクヨーグルトはいわゆる飲むヨーグルトです。
ヨーグルトと一口にいっても色んな種類があるんですね。

ちなみにみなさんはプレーンヨーグルトに何をいれて食べるのが好きですか?
いや、味変するなんて邪道!そのままの味を活かせッ!って人もいるとは思いますが、
私はハチミツを入れるのが好きです。
ジャムや付属のグラニュー糖も悪くないんですが、

ハチミツの甘すぎない甘さが個人的に好きですね。
ハチミツってちょっとえぐみがあるじゃないですか、

自然の甘味って感じしませんか?
そこがおいしいと思っているんですよね。

ログインまたは新規会員登録してください。