お知らせNEWS

2021.05.5

猫丸映画館「ロミー&ミッシェル」

サブカルビジネスセンター専属?サブカルライターの猫丸です。 

毎度、サブカルなものづくり活動にお役立ちそうな何かしらを紹介する、(不定期ながらの)この連載。 

今回ご紹介するのは、いつもマニアックな猫丸には似合わない、ちょっとオシャレな映画、 

「ロミー&ミッシェル」(又は「ロミーとミッシェルの場合」)です。 

学園カーストの底辺で、冴えない、かしこくない、もてないのないない尽くしながら、マイペースに高校生活を過してきたロミーとミッシェルが、10年を経て同窓会に呼ばれ、何とか成功者を装うとするのですが、やることなすこと裏目にでてばかり、というのが物語の始まり、、、 

この映画で学ぶのは、 

自分を装えば装うほど、いい結果にならなかった2人が、結果じゃなく、自分らしくあろうと決めた後からの爽快感。 

飾りだけで生きてきた周りは、オトナになったら「本当に幸せなの?」という状況になりながら、「幸せ」で飾り付ける中、 

本当に「幸せ」なのは、飾らない自分であろうとすること。 

それを2人の独特ファッションが象徴し、 

その飾らない自分を、周囲の同じ志だった人たちが認め、評価し、支えてくれる結末に、 

きっと共感するかも。 

世間が求める自分であろうとあがくことや、自分のやりたいことに自信がもてなくなった時に、ちょっと疲れた時に見てほしい映画なのです! 

ちなみに、猫丸、、、 

この映画であの付箋の正式名称が「ポストイット」で、開発が3Mとしりました。 

あと、 

猫丸の知り合いにもいらっしゃいますが、、、 

個性的な女性や、自分を貫こうとしている方って、なぜか「プリティウーマン」好き率、高くないです??(^^)

記者「猫丸」紹介)
怪生物やオカルト娯楽道を極めたいと、
同人活動や、「ゲームと生活」等ゲーム文化に関係した講演、福山市の映画館主催の「ゾンビ映画」イベントで、司会等も担当するなど、様々にサブなカルチャーの活動中。
お仕事は常に受け付け中。笑

※画像は本文に関係ありません。笑

ログインまたは新規会員登録してください。